NEW 火星ワークショップ - Event&Workshop 無料動画 - Movies

無料公開★火星ワークショップ牡羊座編

2020-08-04

2020年7月7日に行われた火星ワークショップ・牡羊座編。
この内容の一部を期間限定で無料公開!

60分の中から、気になるトピックスを部分的にご紹介します。

1.そもそも火星=牡羊座とは?

6/28からスタートした火星サイクル2020。

12サインの最初のサイン、牡羊座=火星は「はじまりのはじまり」。
なぜ、牡羊座が行動や獲得の星といわれるのか、その理由を心理占星家nico がお伝えします。

今期のテーマは「何もないところからはじめよう」
これは哲学者・三木清の言葉「生命とは虚無をかき集める力である。それは虚無からの形成力である」からインスピレーションを得たものです。

「何もない」という状態からスタートし、「何かある」ということに変えていけるのが火星の力。2年の火星サイクル(2020/6/28~2022/5/24)で、自分自身の「何かある」を獲得していきましょう。

 

▶火星ワークショップ★牡羊座編1ーそもそも火星とは?(約3分)

 

2.火星12サインの旅に出よう

西洋占星術に関心がある人は、「私、獅子座です」「射手座です」等、自分自身の出生星座(太陽サイン)のお話をされることが多いです。

しかし、心理占星術では、自分の星座に関係なく、12サイン全てを育てていくことを目標にしています。

さまざまな個性をもつ12サインの体験を重ねていくことで、自分の苦手なことや人を克服し、感情をマネージできるようになる、その理由をお伝えしています。 出生ホロスコープの「●●座」ということに縛られず、もっと積極的に占星術を使ってみませんか。

▶火星ワークショップ★牡羊座編2ー火星12サインの旅に出よう(約2分)

 

3.風のエレメントの時代、火星で先取りしよう

2020年の終わり、社会をつくっていく天体の木星、土星が水瓶座へ移動します。

これは、20年に一度訪れるグレートコンジャンクションと呼ばれる現象です。今回は、さらに200年に一度の節目と呼ばれるエレメントの移動を伴うことで注目をあびています。

所有を意味する地のエレメントの時代から、情報やコミュニケーションを意味する風のエレメントの時代へ。既に、わたしたちの生活でもこの流れを感じることが多いはず。

 

実は、今回の火星サイクルの2年間は、この節目に同調するようなかたちで風のエレメントが繰り返される期間となります。

つまり、来る200年間ー風のエレメントの時代に必要となる生き方、振る舞い方を、事前に学べるということなのです。

これからは何かを持つのではなく、自分自身が変化に対応しなくてはならない時代となります。この2年の火星サイクルを通じて、いち早く時代の変化に備えていきましょう。

 

火星ワークショップ牡羊座編(60分)
全篇を見るにはこちらから

こちらもおすすめ

-NEW, 火星ワークショップ - Event&Workshop, 無料動画 - Movies

© 2020 火星サイクルプロジェクト