火星ワークショップ - Event&Workshop

牡牛座期レビュー&シェア会ー火星 牡牛座の働きとは? 金星とバランスよく使おう

2021-02-27

2021年の始まりとともにスタートした火星牡牛座期も終盤です。年明けから約2ヶ月は、どのような時期だったでしょうか。

先日開催された牡牛座期のレビュー&シェア会。
今回もご参加の皆さんから、貴重な体験と気づきをたくさんシェアいただきました。

この牡牛座期で得られた実感が、次の双子座期の活動のカギとなります。来週3/4に火星が双子座へ移動する前に、ぜひセルフレビューを行ってみてください!

 

今回のテーマは「楽しみながらわたしをセールスする時期」

この牡牛座期は、自分のもっている魅力に気がつき、それを惜しみなく外に伝えていくことが目標でした。

皆さんはいかがでしたか。

 

"流行りのClubhouse(音声SNS)に参加したら、声やトーク内容を魅力的だと評価された! 自分の強みを再発見できたし、価値をわかってくれる人に出会えた。”

”これまでずっと思っていたことを代弁したら、みんなから「よくぞ言ってくれた!」と言われた。そういう自分の性格を押さえていたけど、自分の良さだと気が付けた。”

”思い切ってVTuber にチャレンジしたら投げ銭もらえた! 自分がずっと好きだった趣味の漫画やアニメを出すだけで、喜んでくれる人がいてうれしいい☆”

 

この他にも、「ああ、わたしこれがやっぱり好きだった」「自分のよさ、得意なことを再発見できた!」そんな風に、自分を再確認できたという声を多数聞かせてもらいました。

 

自分の中の基準を見つけること、自然に身についた「好きだー」の実感信じること、そして、それを自分のものとして丁寧に育てること。
つまり、2番目の女教皇の抱えているユダヤの律法書=TORAは、自分にとって慈しむべきのもということです。

でも、その実感を深めるためには、自分で選び取ったというアクションが必要だということです。
人から与えられたもの、人がいいといったものを手にしても自分の喜びや愛おしさに直結しない。

つまり、人が終わりのない欲望にとらわれるのは、自分の本気の力で獲得したものではないものに囲まれているからということになります。

人の幸福とは、自分の切実な思い、情熱、発露、努力によって手にしたものがあるかどうか。
その手にしたものを大切に慈しみ、育て、自分の「ある」という実感につながっているかどうか。

占星術でいうところの火星と金星の両輪がしっかり働くことで、「わたしらしさ」がつくられるということになります。

心理占星術家 nico ブログ ┃ nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

牡牛座の火星がうまく働いているとき、働かないとき

昨年の6月末~年始まで、火星は牡羊座に長期滞在していました。

火星サイクル手帳を手にして「何かを新しく始めたい」「やっとチャレンジする気になった」そんなモチベーションで活動を始めた人も多いと思います。

しかし、今年に入ってから急にやる気が失せてしまった、なんだか活動がスローダウン、、、そんなことがあったなら、それは牡牛座の火星の作用かもしれません。

 

火星は本来、牡羊座で力を発揮します。

何かを推進したり、獲得したりという瞬発力を得意とする、外向きなエネルギーです。

一方、牡牛座が得意とするのは、自分の中に矛盾がないかどうか。気分にあっているか、何度も反芻し確かめ、ゆっくりと進むことを良しとするのです。

火星が得意とする力と相反することで、牡牛座では火星の力が下がる=停滞しているように感じてしまうのですが、これは実感を伴う行動ができるということ。反射的にものごとに飛びつくようなことがなくなります。これは、良い・悪いということではなく、力の働きが違うということです。いまは活動のペースが落ちていても、次の双子座では動きが出てきます。

 

また、牡牛座の性質は、元々金星に由来するもの。

火星の「ここにないものを獲得したい!」という欲求に対し、金星は「自分の中にあるものを大事にしたい!」という欲求をもちます。本来、自分にあるものを実感する牡牛座が、ないという感覚の火星と組み合わされることでミスマッチが起こります。

 

この落とし穴にはまってしまうと、自分の手にしているものを「もっているけど、これではない!あっちの方がいい!」と否定ばかりすることに。違うものを獲得しようと躍起になり、焦りばかりが募ります。本当はあるにも関わらず、ないという感覚にあおられ、欲望が駆り立てられフラストレーションが高まるばかりになってしまうのです。

もし、ほしいものを獲得できていない、あるものをうれしいと思えないのなら、自分自身の牡羊座的な欲求で手に入れたものではなく、誰かのいいね!や社会がよいとするもの(木星や土星的な欲求)にあおられただけかもしれません。

心当たりがあるのなら、今こそないものねだりではなく、自分の手にしているもの(性格、能力、スキル、お金、人間関係、その他なんでも!!!)に目を向けてみてください。

 

本来、牡牛座は「I have」というように、自分のもっているものをいとおしく感じる力をもっています。

牡羊座:ない→獲得したい

牡牛座:(牡羊座で獲得したものが)良いものであり、素晴らしいもの。だからうれしい、と豊かさを味わう、そんな心の流れができると理想です。

 

★★★ あるものに気付くためのセルフワーク ★★★

17歳、ティーネイジャーだった頃の自分を覚えていますか。

その頃の自分に向けて、いまの自分から手紙を書いてみてください。

できれば、実際に封をして投函。

数日後に届いたものを開封できるとベストです!

届いた手紙を読み直したとき、

何を手にしていると感じられるでしょうか。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

牡牛座期も残りわずか。ぜひ、振り返りと星のワークを行ってみてくださいね!

 

火星の力をもう一度、確認

牡牛座期のテーマは、「楽しみながら、わたしをセールスする時期」。

1月~これまでの間、こんなことに心当たりがありませんでしたか?

 

☑ 自分を売り込む際、つい自虐的になってしまう

☑ 人から不当な扱いを受けると、必要以上に腹がたつ

☑ 時間を無駄にしたことをいつも後悔する

 

来週(木)には、火星が双子座へ移動します。
やり残したことがあると前に進むことはできません。ひとりになる時間をつくり、心残りになっていることを徹底して片づけていきましょう!

 

 

<<<火星サイクル手帳のご購入はこちら>>>

 

火星ー持続可能なエネルギーを上手に使おう!

占星術における火星の意味を一面的にとらえていませんか? 衝動的、突発的、一過性......これは、火星のエネルギーがネガティブに表現された場合のこと。 実は、火星をポジティブに利用すれば、他のどの天体 ...

続きを見る

これならわかる、はじめての火星手帳★使い方の動画を公開!

これまでの手帳とまったく違う「火星サイクル手帳」 その特徴と使い方について、不安や心配があるかもしれませんが、これを見れば大丈夫。   今回は、無料説明会でお伝えした内容を一部公開。 「使っ ...

続きを見る

こちらもおすすめ

-火星ワークショップ - Event&Workshop

© 2021 火星サイクル手帳