火星ワークシート
Let us build your lifeplan together shall we?

About│火星ワークシートとは?


行動とエネルギーの星「火星」の運行を日々の生活に取り入れるためのワークシート。

火星のサイクルや象徴を意識することは、活気にあふれ、健やかな毎日を生み出す力となります。
火星のカレンダーに則した行動計画を立案することで、あなたの夢や目標に向かう意識や心が目覚め、新たな自分に気づくことができるでしょう。

このワークシートは決まった使い方はありません。
日々の予定や趣味の記録を書きこむ、ふと感じるインスピレーションや気持ちの変化を書き留める、コラージュを張り込むなど自由にカスタマイズしてください。

誰のものでもない、自分らしい人生を送るために。2年にわたり、あなたの夢や目標を応援するワークシートです。

Online Shop│ご購入はこちら


火星ワークシート&nico の12サインブック(書き下ろし)1冊
¥3,000(税込・送料別)
※付箋(ふせん)はセット内容に含まれません。

【購入者特典】
★ネット限定!あなたの火星星座、特製缶バッチプレゼント
ご注文時にあなたの火星星座(不明な場合には生年月日)をご記入下さい。
★定期的にニュースレターをメールでお届け
火星がサインを移動するごとに、星の運行の解説や時期の過ごし方をアドバイス。ワークショップなどの最新情報もお届け中。

ご購入はnicoPLA.NET online shopから

How to Use│使い方


このワークシートは決まった使い方はありません。
日々の予定や趣味の記録を書きこむ、ふと感じるインスピレーションや気持ちの変化を書き留める、コラージュを張り込むなど自由にカスタマイズしてください。
ここでは、心理占星術家・nicoのオススメの使い方をお伝えします。

STEP1:毎日のカレンダーとして利用する
このシートで何よりも感じていたいただきたいのは、火星のリズムです。
一つのサインを約1か月半かけて移動している火星ですが、このリズムに自分の動きがあってくると、太陽の運行(30日)よりも充実した行動計画を立てやすくなってきます。
意識や欲求の変化も、より実感しやすくなりますので、自分の気持ちと合った流れを意識してもらえるはずです。

STEP2:未来の予定を付箋で貼っていきましょう
3色の付箋(仕事・活動でやるべきこと、プライベートでやりたいこと、夢のプラン)にそれぞれのスケジュールを書いたら、火星シートの欄外にスタンバイ。やるべきこと、プライベートの予定などが決まったら、スケジュールに合わせてシートにはっていきましょう。「こうできたら楽しそうだ♪」そんな予定も付箋で貼っておくのもよいですね。
火星は、素直な欲求を持っています。深く考えず、ぺたぺたとやってみたいこと、ワクワクを引き出す未来を付箋で可視化してみてください。

STEP3:サイン移り変わりには、反省と目標を書き留める
火星は牡羊座サインと蠍座サインふたつのサインの支配星となっています。牡羊座は未来への希望を原動力に、蠍座は記憶や思い出を原動力にします。
火星的には、ネガティブな思いも決して無駄にならないのです。
火星サインが移るときは、こうすればよかった…という反省材料は、きちんと振り返っておきましょう。それが大きな推進力となり、次の火星サインを成長のステップに変えることができるかもしれません。

火星ワークシートは、まだ試作の段階です。皆さまからのご意見・ご感想等のフィードバックをもとに、2年後の完成を目指しています。ぜひ、一緒に火星シートを育てていきましょう!

Happy Voice│ユーザーの声

松本市・MIさん
nicoさんの付箋大作戦をご伝授頂き、楽しく活用しています。
A3とちょっと大きめな火星シートなので普段は持ち歩いていませんが、4色の付箋(カラフルな方がテンションがあがるので)をカテゴリー別に分けて「楽しそう、やりないな!」と思うことがあったら、その付箋に書き込むことにしています。
  ・ピンク:やりたいこと、いいなと思ったこと、夢など
  ・オレンジ:プライベート
  ・黄色:趣味・学び(仕事と趣味の融合へ向かう未来)
  ・青:仕事
気が向いた時に、日常の振り返りをして、実際やったことなどを火星シートに青字で記載。未来と過去を同時に俯瞰する感じがいいかな?と思います。
2年では、とうてい実現しそうのない夢は、最後のページに貼ります。これが以外と楽しい♪
火星シートを手に入れ、自分が好きなこと、やりたいことってなんだろう?ということをちゃんと考えるようになりました。まずはそれが大切なのかな。チャレンジ中なのでどうなるかわかりませんし、青字に書かれていることは反省も多かったりしますが、それでも楽しむことを忘れずに、ワクワクを倍増させていけたらいいなと思います。

User’s Report

火星ワークシート、火星ワークショップへ参加してくださったユーザーによる、Blog レポート。画像クリックで各地の様子をご覧いただけます。