私の火星手帳 - UsersVoice

わたしの火星サイクル手帳!Vol.6・後編

投稿日:

 

火星サイクル手帳を日々活用いただいている方へのインタビュー!

第6回は、「火星サイクル手帳で、自分が変わった!」-- 仕事のプレッシャーや恐怖心、面倒な物事を避けがちだった英里佳さん。

インタビュー後半は、弁護士という表向きの活動に、プライベートのトキメキを統合させていく楽しさ、その醍醐味を語っていただきました!

 

PROFILE
安田 英里佳 さん
札幌市在住。弁護士。安田英里佳法律事務所を運営。2016年からアロマテラピーに目覚め、2017年からアロマと占星術の繋がりを知り、占星術にも興味を抱くように。現在は、趣味の文房具、アロマ・ハーブのほか、nicoの心理占星術・心理タロットも活用しながら、離婚に悩む女性のこころが軽くなることをモットーに、女性の離婚相談業務を中心に弁護士業務に従事する。

 
∵∴ 前編「発見!仕事に活かせる火星手帳」はこちら ∴∵
 

自分のトキメキを隠さず、すべて「私」で出していく

2018年頃までは、表向きの「弁護士」という肩書きと、プライベートでアロマや占星術にハマっていく自分との乖離を強く感じ、すごく葛藤していました。

文章やイラストを書くのは元々大好きで、本業の弁護士としても、ブログを書いていました。でも、どこか「ええかっこしい」をしてしまうというか。素の自分を出し切れていないような・・・

 

本当は、「自分がハマっているアロマや占星術のことこそ、文章化したい!こんな面白い知識があるんだから、ほかの人にも伝えたい!」という自分がいたのに、本業の弁護士ブログに書く勇気が持てず、ウジウジし続けていました。

一時は、表向きの自分と、素の自分との乖離を解消するために、本業ブログとは別に裏アカウント的なブログを立ち上げ、タロットのイラストなどをアップしてみたりしました。

 

タロットのイラストを描くのは、すごく楽しかった!

でも、ブログを二重に書いていくのは、やっぱり大変。それに、裏アカウントでどんなに頑張って書いたところでね・・・と、それはそれで虚しいというか。徒労感が増してしまいました。

 

大きな転機は、nico先生の個人鑑定です。
「本業でも、素の自分をドンドン出せばいい。素の魅力・ネガティブな面の魅力というのもあるし、ギャップ萌えもあるのだから上手く演出しながら、遠慮なく出していったらいい。」そんなアドバイスに、大きく背中を押してもらえたのです。

 

こうなったら、「全部表ブログ一本勝負だ!」と一念発起。
「占星術」とはハッキリ書かなくても、四季図やイングレスの話を本業ブログで書くことも出来るじゃないか、と。

 

そして、せっかくお披露目するならば、以前にnico先生の講座で学んだミッドポイントも活用しよう!と思い、自分の水星ミッドポイントに、トランジットの木星が通過する時期を意図的にタイミング設定し、本業ブログで四季図やイングレスの話を書き始めました。

 

以降も、「月と土星のミッドポイントを利用して、アロマの記事をアップしよう」「次は、自分の好きな本の紹介も書いてみよう」と、次々にチャレンジしていきました。
そんな風に、講座で学んだ占星術のサイクル(ミッドポイント)も活用し、本業ブログにいろいろなカテゴリを増やし、どんどん投稿していきました。

 

すると、火星双子座期(2019年5月)くらいには、自分の好きなことも隠さず、表向きの顔と素の自分とがうまく統合されてきていることに気付きました。
 

裏でコソコソやるのを止めたら、わくわくがやってきた!

 

弁護士業界の中にいると、文章をしっかり書けるのなんて当然で、ごく当たり前のこと。むしろ私はまだまだ足りないくらいの気持ちでいました。

でも、自分がトキメクものを、どんどん本業のブログに集約して描き続けていくと、周りからの褒め言葉・嬉しいフィードバックがどんどん増えていきました。

「自分が好きなものをおもしろおかしく書いているだけなのに、みんなこんなに喜んでくれるんだ!」

「表の公的活動として、自分のトキメキと生き様をぎゅうっ!と詰め込んだらいいんだ。裏の顔なんて二重に隠し持つ必要なんて無かったんだ」と徐々に考えも変化していきました。私にとっては、やっぱり、きちんと表の顔で堂々と活動するということがとても大事だったんです。

ちなみに、火星天秤座期以降には、タロットイラストも本業ブログで出しちゃおう!と、すっかり勢いづきまして(笑)。今では、タロットイラストも、しれっと「表の公的活動」の場に登場させるに至っています。
 

 

 

 

好きなもの、やっていること自体は、特には変わっていません。アロマ、心理占星術、文房具や読書。自分が面白いと思った知識を、おもしろおかしく伝えたい。そんな文章やイラストを書き続けること。

やっていることは全部同じでも、丸ごと「公的=太陽活動」としてするようになった、という感じ。裏の顔としてコソコソやるのではなくなったというだけ。

姿勢の変化だけといえば、それだけなのですが、この違いは、自分の中では、とても大きい変化。自分の人生を生きてる!という充実感・ワクワク感がぐんと増しました。

 

わたしの火星サイクル手帳

 
自分としては、小さく、一歩ずつ、できる範囲で進んでいる感覚なので、雷に打たれたような衝撃的な劇的変化!という感じではありません。


振り返ると、「あぁ、結構遠くまで来たんだね、あんな小さな一歩ずつだったのにね。」としみじみと感慨深く感じられる・・・という感覚です。

自己啓発本も大好きだから、本で読んで、良さそうと思ったことは実際に試してみよう、セミナーなどで習ったことをその通りにやってみよう!というチャレンジは、過去にも色々とやっていました。

ただ、今までは、実践の継続に繋がるようなツールもないし、サボるのも続けるのも、自分次第。だから、どれも、いつしか、気付いたらフェードアウトしていて身につかないまま終わっている、ということの繰り返しでした。プロセスも、結果も見えにくいから、その内に嫌気が差して、辞めているというパターンが多かったように思います。

たしかに、単にメモするだけならば、他の手帳や日記帳でもできるのかもしれません。文房具マニアだけに、今までも、いろんなタイプの手帳や日記帳などもチェックしてきていますから(笑)

でも、毎日、確実なチャレンジを意識し続けられて、知識を実践に繋げやすい、そして、自分の成長をしみじみと実感しやすい仕組みが、手帳自体に盛り込まれているというのは、火星サイクル手帳ならではの醍醐味!

今回は、知識の「実践」が、自分でもびっくりするほど続いています。まだまだ、自分なりの課題は尽きないけれども、これからも、火星サイクル手帳を相棒に、毎日毎日「手が届きそうな」チャレンジを着実に続けていきたいと思います。

今までのように「今やるか、後でやるか」と迷うクセが出てしまうものの「いまは太陽の時間。月の声、うるさいよ、また後でね!」と自分に言い聞かせてやると、立ち止まることなく、きちんと前に進み続けられることを実感できるまでになりました。

 

ワークショップ動画も参考に!

 


 

動画本編(約120分)のお申込みはこちらから

 

火星サイクル手帳、期間限定★トライアル価格で販売開始!

▼無料動画配信中: 火星が必要な理由とは?年齢による心理的不安の変化を心理占星術の観点から解説!(約15分)   火星は、乙女座を運行中! いよいよ今期サイクルの折り返し地点です。 &nbs ...

こちらもおすすめ

-私の火星手帳 - UsersVoice
-, ,

Copyright© 火星サイクルプロジェクト , 2020 All Rights Reserved.